« インターネットの対戦ゲーム | Main | 20.やはり大事なのは人を信頼すること。 »

November 09, 2004

19.一人っ子政策の影響(この数年で大変わり)

 中国シンセンで生活、仕事をしております。自分なりに”シリーズ”にてテーマを作成、気がついた点を書きとめています。今回はその第19題目として、一人っ子政策の影響を感じている事例について書いて見ます。
 以前の11題目目、「ワーカーさん古今東西」でも書きましたが、一人っ子政策がワーカーさんの素質に影響しているようです。この時には従来と最近の容姿や性格の比較について述べましたが、さらに私が感じている内容を3点ほど書いてみます。
 この政策が実施されてすでに20数年たちます。今の20歳代後半の人から殆どが一人っ子です。一部の農村、地域では適用外ですが中国全体からみればその比率はすくないと思われます。
 まず第1は 親に仕送りをしているワーカーさんが減ってきたようです。それどころか逆に親からまだ金銭的援助を受けている人もいます。数年前ですと、たいてい 自分の給料の約1/3から1/2は故郷にいる親に送金するのはあたりまえでした。そのために自分の食事代も削る人もいるくらいでした。最近のワーカーさんに聞くと、稼いだお金は自分の口座に貯金、または定期口座に移動させたり、または携帯電話を買ってしまうなど、自分のために消費しているようです。なぜこんなことがわかるかといいますと、以前は、週末に銀行へ行くと、若い女の子が窓口でたむろして送金手続きをしているのをよく見かけましたが、この数年、銀行の中でたむろするほどの女の子は見たことがありません。勿論、親に送金している人はいると思いますが、除々に減少しているようです。
 第2はやはり辛抱強さがなくなってきているようです。1日働いて次の日には退社するという人の割合が増えているようです。以前はせめて数日働いてからやめる人はそれなりにいましたが、最近は1日退社が増えてきています。
 第3はワーカーさんの容姿がおしゃれになってきたように思います。以前はパーマなどかけた人はいませんでしたが、最近はわずかですがいます。
 私の場合、男ですので、女性のワーカーさんについてはこの程度のことしかわかりませんが、実際はもっとさまざまな箇所で変化しているのではないかと思われます。
 あと10年もするとこの世代の人たちが中国では一番の働き手になる時が来ます。そのときには経済的にもどうなっているのでしょうか?この一人っ子政策がどのような影響をのこすのでしょうか?全く予想できないことからソラ恐ろしくなります。

| |

« インターネットの対戦ゲーム | Main | 20.やはり大事なのは人を信頼すること。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 19.一人っ子政策の影響(この数年で大変わり):

« インターネットの対戦ゲーム | Main | 20.やはり大事なのは人を信頼すること。 »